オフィス リエゾン 本文へジャンプ
 保険の考え方



皆さんは何故、保険に加入するのでしょうか?

 個人のご家庭であれば、
  ★ 自分に万が一の事があったら、家族が困るから。
  ★ 入院したらお金がかかるから。
  ★ 子供の教育資金作りに。
  ★ 老後資金の準備に。   etc......

 会社を経営している方であれば、
  ★ 自分に万が一の事があったら、会社の存続が心配。
  ★ 「銀行からの借入の保障に.。   etc......

目的は色々あります。
でも、現在加入されている保険が「いざと言う時に」役にたたない保険だと
したら、月々支払っている保険料は無駄ではないでしょうか。


 『役にたたない』と言いましたが、死亡保障3,000万円の保険に加入して
 いれば、保険期間中にお亡くなりになった時には保険会社から3,000万円が
 支払われますので、全く『役にたたない』というわけではありません。

 保険会社から受取った保険金で心配事が解決されるなら問題ないのですが、
 もし解決できないとしたらどうでしょう.…
 死んでしまってからでは、保険に入りなおすことは出来ません。

それなら、大きな補償額の保険に入れば大丈夫?

 確かに安心できるかもしれませんが、毎月の保険料は補償額に応じて
 高くなります。

じゃぁ、どうすればイイの?

 保険のプロに相談するのが一番です。

                          ↓

まずは、「保険に加入する理由」をもう一度考えてみましょう。

 一般家庭であれば、ご主人が元気なうちは、会社へ行って仕事をして毎月の
 お給料が貰えます。
 皆さんはそのお給料で生活をしています。
 ところが、ご主人に万が一の事があった途端に、そのお給料が入らなくなって
 しまうから困るのです。

 中小企業の社長さんの場合は、もっぱら社長さん自らが先頭に立って
 営業部門を率いていることが多いので、社長さんに万が一の事があれば、
 たちまち売上の低下、対外的な信用力の低下を招いてしまいます。
 もちろん、社長さんにもご家族がいますので、残されたご遺族も困ります。

 保険会社から受取った保険金でご遺族の生活費や、会社の運営費などを
 カバーするわけですが、この保険金の額が適正かどうかが問題なんですね。

つまり、保険でカバーすべき費用(一般家庭の生活費や会社の運営費)を
明確にして、それに見合った保険に加入するのが大切なんです。


 この費用は、ご家庭の家族構成やライフプラン、会社の規模や売上高・負債に
 よって異なりますから、お客様のお話を良くお聞きしないといけません。
 そうすれば、非常に精度の高いシミュレーションが行えます。

結局はオーダーメイドの保険に加入されるのがベストだという事です。









   Copyright (C) 2006 Office Liaison All Rights Reserved,